• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種
TOP > 須磨区医師会について

須磨区医師会について

会長あいさつ

須磨区医師会会長  松井誠一郎

ようこそ須磨区医師会ホームページに。

須磨区医師会は平成24年12月1日現在、診療所127、病院12、老人保健施設7、会員数 開業医会員145名、病院勤務医会員
134名、合計279名で構成され(須磨警察署より、やや多い人数であり、兵庫県下にある約40の医師会中、10番目の規模であります)、社団法人神戸市医師会の一翼を担い、日進月歩の医療技術の研鑽並びに医療倫理に基づき、医療の質の向上を目指しています。

また医療機関相互の連携はもちろんのこと、関係省庁や医療・福祉関連の諸団体と協力して、地域住民の医療、保健、
福祉の充実発展のために活動しています。
今年度より、「須磨医療フォーラム」も開催し、区民の皆様と共に学び、「より開かれた須磨区医師会」を目指しております。

私達は昭和48年建設の須磨区医師会(須磨区磯馴町6-1-4)を拠点として、いろいろの会内業の他に、対外的には救急業務、乳幼児検診、住民検診、予防接種、学校・幼稚園・保育所医としてなど地域密着の活動を行っています。

また介護保険に関しても、認定審査業務、主治医意見書などを通じて積極的に関与しています。
また、当区南部に甚大な被害をもたらした阪神淡路大震災に際しまして、直後より被災市民に対し
救急救護活動に貢献でき、厚生大臣より感謝状をいただきました。
私自身、昨年の「東日本大震災」時には、兵庫県医師会救援医療チームのリーダーとして石巻市に赴きました。

これらの経験にも基き、懸念されている「南海沖大地震」への災害医療対策を須磨区行政、防災コミュニティの方々とともに築いてまいりたいと考えております。

情報通信の発達のスピードはすさまじいものがあります。
市民生活を大きく変えようとさえなりつつあります。
この須磨区医師会ホームページも、今回、須磨区民の皆様の目線で完全リニューアルし、区民の皆様の医療へのアクセスの一助になれば幸いと考えております。

「医療を通じて須磨に笑顔を」これが私達、須磨区医師会の真念でございます。私達は新しい時代に適応すべく努力し、21世紀の理想的な地域医療を目指して頑張ります。

医師会概要・アクセス

須磨区医師会
住所〒654-0047
神戸市須磨区磯馴町6-1-4
電話(078)732-3017~8
FAX(078)732-0241

かかりつけ医制度について

イラスト

「かかりつけ医」とは、日頃からご自身や家族の健康相談の窓口であり、在宅医療・ 家庭看護・福祉介護・健康増進・予防注射・健康診断などの相談に乗り、そのかかりつけ医師の専門外の病気や、高度医療が必要な場合には、適切な医療機関を推薦してくれ、必要な情報を添えて紹介してくれる強い味方と思って下さい。

患者さんの今までの色々な情報を出来るだけ多く知っている方が病気の診断や治療に有利であることは分かると思います。
色々な情報とは、「患者さん自身のこと」、今までに罹った病気の種類、その病気の治り方(すぐ治ったかこじれたか)、お薬の効き方や副作用の有無、今どんな病気で、何の薬を飲んでいるのか、この他にも日頃の体力のこと、どういう仕事をしているのか、食事の好みまで・・・

イラスト

その事を考えると、自分の主な病気の主治医を誰にするのかと言う問題と、家族全体健康の相談相手を誰にするのかという問題があります。
この場合かかりつけ医とは、家族全体の健康の相談相手になる医師の事ともいえますし、自分の病気に関してはその病気の主治医ともいえます。

しかし多くの場合、日頃から健康相談をしていれば、その医師の専門外の病気と判断した時は、上に説明したような患者さんの大事な情報を、診療情報提供書に記入して専門医に紹介してくれますから、紹介された専門医と紹介した相談医との間には診療上の連絡は取れています。
ですから、おおもとのかかりつけ医は、家族の健康相談医になります。

この様に、気楽に健康の相談が出来る医師を見つけておく様に、日頃から心がけて居れば、
必ず自分の好みに合った医師に巡り会えると思います。

新規開業をお考えのドクターへ

須磨区医師会より入会のお勧めです。

須磨区医師会は、地域における医療、保健、福祉に係わる様々な事業を行うと共に、自治体、各種団体が催す会議や行事にも幅広く参加することで極めて公益性の高い活動を行っております。

医師として日常の診療は大変重要な活動の一つでありますが、個人だけの単独の診療だけでは国民の医療は立ち行きません。医師会の活動のほとんどは公益性の高い業務であり、複数の医師同士が協力して医療にあたることで何倍ものパワーが生まれると思います。

是非、医師としてこの公益事業に参加され、区民ひいては国民の医療にさらなる貢献をしていただきたく医師会への入会をお勧めいたします。

新規開業は医師にとって、人生の大きな転機となります。
『コンサルティング業者、リサーチ業者任せ』は危険です。
開業後、医院の経営に苦慮し診療に力を注げないといった事態は避けなければなりません。

皆様のご入会の相談をお待ちしております。是非ともいっしょに協力して仕事をしていきましょう。

須磨区で開業をお考えのDoctorは、事前に須磨区医師会(078)732-3017・8までご連絡ください。担当理事が責任を持って対応させて頂きます。