• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種
TOP > 須磨区医師会について

須磨区医師会について

会長あいさつ

須磨区医師会会長  松井誠一郎

ようこそ須磨区医師会ホームページへ

 平成が終わり、令和の時代が始まりました。日本は世界でいちばん高齢化が進んでおり、2018年は高齢化率(65歳以上の人口比率)が28%と過去最高になりました。須磨区は全国平均よりもさらに高齢化が進み、2025年には神戸市9区の中で最も高齢化率が高くなる(高齢化率35%、なんと3人に一人が65歳以上!)と言われています。
そこで、最も深刻になるのは医療・介護の問題です。平均寿命が延びるのは良いのですが、寝たきりの期間も長くなってしまう問題。増えてくる認知症の人を、どのようにして地域で支えていったらよいかという問題。がん患者さんが、どうしたら最後まで安らかに尊厳を持って過ごせるようにできるかという問題。
 ひと昔の医療は、ただ病気を治せば良い、というものでした。しかし、今はこのような多くの問題があり、それだけでは済まないのです。人が生まれてから最期を迎えるまでのあいだ、必要な時に医療や福祉を通じてその人全体をサポートする、というのが今の医療です。これは一人の医師でできることではありません。どんなに大きな病院であっても、単独ではできません。多くの医院や病院が連携し、さらには介護関係者、行政の方々、そういった多くの人々が手を取りあって、それらの問題に取り組まなくてはならないのです。そういった連携の中心的な役割を果たすのが医師会です。
 須磨区医師会は平成29年に創立70年を迎え、令和元年5月に一般社団法人として再スタートしました。その定款には次のように書かれています。
・・・・・
第5条  この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 医療を通じて地域の生活を支援することに寄与する事業
(2) 疾病予防により、健康寿命を延伸することを支援する事業
・・・
(5) 医療・介護の連携により人生の最終段階までをサポートする事業
・・・・・
 須磨区医師会は、医師と、住民の皆さんと共に歩んでいく団体です。
私たちのメッセージをこのホームページでお伝えするとともに、みなさんからの御意見も、是非お寄せいただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

医師会概要・アクセス

須磨区医師会
住所〒654-0047
神戸市須磨区磯馴町6-1-4
電話(078)732-3017~8
FAX(078)732-0241

かかりつけ医制度について

イラスト

「かかりつけ医」とは、日頃からご自身や家族の健康相談の窓口であり、在宅医療・ 家庭看護・福祉介護・健康増進・予防注射・健康診断などの相談に乗り、そのかかりつけ医師の専門外の病気や、高度医療が必要な場合には、適切な医療機関を推薦してくれ、必要な情報を添えて紹介してくれる強い味方と思って下さい。

患者さんの今までの色々な情報を出来るだけ多く知っている方が病気の診断や治療に有利であることは分かると思います。
色々な情報とは、「患者さん自身のこと」、今までに罹った病気の種類、その病気の治り方(すぐ治ったかこじれたか)、お薬の効き方や副作用の有無、今どんな病気で、何の薬を飲んでいるのか、この他にも日頃の体力のこと、どういう仕事をしているのか、食事の好みまで・・・

イラスト

その事を考えると、自分の主な病気の主治医を誰にするのかと言う問題と、家族全体健康の相談相手を誰にするのかという問題があります。
この場合かかりつけ医とは、家族全体の健康の相談相手になる医師の事ともいえますし、自分の病気に関してはその病気の主治医ともいえます。

しかし多くの場合、日頃から健康相談をしていれば、その医師の専門外の病気と判断した時は、上に説明したような患者さんの大事な情報を、診療情報提供書に記入して専門医に紹介してくれますから、紹介された専門医と紹介した相談医との間には診療上の連絡は取れています。
ですから、おおもとのかかりつけ医は、家族の健康相談医になります。

この様に、気楽に健康の相談が出来る医師を見つけておく様に、日頃から心がけて居れば、
必ず自分の好みに合った医師に巡り会えると思います。

新規開業をお考えのドクターへ

須磨区医師会より入会のお勧めです。

須磨区医師会は、地域における医療、保健、福祉に係わる様々な事業を行うと共に、自治体、各種団体が催す会議や行事にも幅広く参加することで極めて公益性の高い活動を行っております。

医師として日常の診療は大変重要な活動の一つでありますが、個人だけの単独の診療だけでは国民の医療は立ち行きません。医師会の活動のほとんどは公益性の高い業務であり、複数の医師同士が協力して医療にあたることで何倍ものパワーが生まれると思います。

是非、医師としてこの公益事業に参加され、区民ひいては国民の医療にさらなる貢献をしていただきたく医師会への入会をお勧めいたします。

新規開業は医師にとって、人生の大きな転機となります。
『コンサルティング業者、リサーチ業者任せ』は危険です。
開業後、医院の経営に苦慮し診療に力を注げないといった事態は避けなければなりません。

皆様のご入会の相談をお待ちしております。是非ともいっしょに協力して仕事をしていきましょう。

須磨区で開業をお考えのDoctorは、事前に須磨区医師会(078)732-3017・8までご連絡ください。担当理事が責任を持って対応させて頂きます。