• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種

健康コラム

2018年4月 6日 金曜日

災害医療(特に大規模災害医療について)のおはなし

 阪神淡路大震災、東日本大震災、そして熊本地震からまもなく2年が経ちます。災害は、地震以外にも台風や大事故、さらに近年は国民保護計画にあるように外国やテロによる武力災害、いわゆるNBC(核・生物・化学物質)災害といったミサイルや原子力災害など様々です。
大規模な災害時は、十分な医療が行える平時の救急医療とは違い、必要となる医療が圧倒的に不足した状況での医療となります。そのため多数の患者に対して限られた医療を迅速かつ効果的に行う必要があり、一人でも多くの救える命を救うため、「TTT」という三つのT(T:トリアージ(選別)・T:トリートメント(治療)・T:トランスポート(移送))という考え方にもとづき、まずトリアージが行われ、次にそれに応じた応急医療・処置が行われ、適応となる重症の患者は被災地外へ搬送されます。
災害発生から主に48時間以内の急性期の医療は、DMAT(災害派遣医療チーム)が、災害拠点病院や消防や自衛隊等との連携をもとに上記の3Tにもとづいた医療を行います。それ以後の医療は、日本医師会のJMAT(日本医師会災害医療チーム)などが、日赤その他多くの医療チームと協力して被災地の医療体制が回復するまで支援します(図1)。
 JMATの役割は、避難所や救護所等での医療や医療支援が少ない「空白地」の把握や巡回診療、在宅の被災者の健康管理や避難所の衛生状態、感染症予防など多岐にわたります。
 また大規模災害時には、多くの病院も被災し、通信も困難となります。そのため最近、EMIS(広域災害救急医療情報システム)という、医療機関と行政や関係機関(消防、自衛隊など)との情報共有ツールがあり、災害時の病院・医院や救護所などの情報をリアルタイムに共有するシステムが整備されつつあります。実際の被災地では、その他にも刻一刻と変わる膨大な医療・介護・福祉の確かな情報を多くの医療チームや行政や関係機関などが共有しながら連携をすすめてく必要があります。
 一方、災害において、私たちには「自助」・「共助」・「公助」が必要です。大災害時は当初、「公助」である行政・消防・警察などは十分に対応しにくく、自らの命は自らで守る「自助」、また自分たちのまちは自分たちで守る「共助」が必要で、須磨においても21の「防災コミュニティ」が活動しています。
 自助としては、平常時から災害・防災を自分のこととして学び、ハザードマップで自宅の危険性を知り、家具の固定や自宅の耐震化、不燃化対策を行い、水や食料などの備蓄(3日から1週間)、そして持ち出し袋にマスクやライト、常用薬、保険証・母子手帳・お薬手帳などを入れることや、基本的な応急処置や心臓マッサージなどを学ぶことなども必要と思います。
 共助としては、地域の防災マップの作成や防災訓練とともに、行政や消防・警察などとの協力が必要です。また災害時には、病弱な高齢者や障害者といった要援護者が取り残される場合が多く、平時から地域みんなで災害時には要援護者を優先して守っていくという意識が必要です。
私は熊本地震の時、兵庫県JMATとして、発災1週間後と1ヶ月後に益城町に赴きました。兵庫県JMATは、全国からのJMATをはじめ様々な医療チームを統括する重責を任されました。また避難所でのノロウイルスなどの感染症予防や、駐車場での車中泊が多かったため、エコノミー症候群予防などの対策が必要でした。
南海トラフ地震などはいつ起きてもおかしくない状況です。災害の種類や規模は様々で発災後も常に想定外のことが次々と起こります。私の赴いた益城町でも、要援護者のための福祉避難所に、健常者が多数避難しました。また各避難所の状況もそれぞれ様々で、自主的な取り組み(共助)がうまく出来ていないところでは1ヶ月経過後も、要援護者への配慮などが十分ではないように思われました。
普段から災害は、自分や家族のこととして、さらに地域みんなで守る意識と行動が必要です。行政や消防・警察、そして須磨区医師会も加わり、地域みんなで、過去の災害に学び、想定外の様々なことが起こることを念頭に防災計画や受援計画を立て、迅速かつ柔軟に対応できる対策を考えておく必要があると思います。
 災害医療は、その後も引き続き、要援護者への配慮や、孤独死など災害関連死への対策、心のケア等が大切で、地域で包括的にみんなで支えていくことが必要と思います。

《図1:日本医師会HPより》

その他参考:
 ①国民保護計画(http://www.kokuminhogo.go.jp/)
 ②くらしの防災ガイド

投稿
おち内科クリニック 院長 越智深

記事URL

2018年3月 1日 木曜日

虚血性心疾患のおはなし

狭心症(労作性、安静時/安定性、不安定性/ 有痛性、無痛性)、
心筋梗塞(貫壁性、心内膜下)などと、いろいろ文字どうり、発症状態での分類名称があります。
その中でも恐い胸痛として、いわゆる突然死の主な原因、脳卒中・癌とともに成人の死亡の主な原因、急性心筋梗塞を発症時の状況を中心に記述させて頂きます。
心臓は冠状動脈というたかだか数ミリ径の血管で栄養されます。心筋梗塞は、冠状動脈硬化の伸展で血管腔へのたかまり(粥腫)が形成され、それが壊れて血栓が急速に形成され動脈閉塞を来たし、深刻な栄養障害(心筋壊死)にいたるのが主なメカニズムとされています。その際に怖い胸痛が生じるのです。
現在は、病院(特に専門病院)に出来るだけ早く到着し、適切な治療を受ける事が出来る場合には、その多くの方が早く社会復帰可能となっています。しかし依然として専門病院到着前の死亡率は高く、救命され得るかどうかは、発症後どれだけ早く受診できるかどうかに大きく依存しています。
急性心筋梗塞の受診きっかけ、やはり胸痛が主です。典型的には、前胸部の真ん中近辺に握りこぶし大のひろがりの、長時間(半時間以上-数時間)持続する強い痛み。締め付けられる、圧迫重圧感の、焼けるような、刺すような痛みとされます。顎、首、肩-腕(特に左側)へ痛みが放散することも。ときには冷汗、悪心・嘔吐伴うことあります。このような時には、昼夜の区別無く一刻も早く受診するべきです。
他に重大な疾患として解離性大動脈瘤、肺塞栓症もありますが、受診の際に鑑別されるべき対象です。
 胸ではなく、胃部付近の持続性の強い痛みでも心筋梗塞のことあります。また糖尿病、高齢者では、胸痛が弱く、"何となく胸がおかしい?" "異様に体全体がだるい"などの自覚あるときは、心筋梗塞の可能性も考えて早めに受診するべきです。
心筋梗塞発症前には2/3の例で、軽度-中等度の、反復する胸痛(狭心症の可能性)あり、特に悪化傾向時にはかかりつけ医と相談速やかに循環器専門病院を受診するべきと思います。

投稿
くしろ内科循環器科 院長 久代英範

記事URL

2018年2月20日 火曜日

緑内障のおはなし

緑内障

緑内障とは視神経が障害され見える範囲が狭くなる病気です。眼圧の上昇がその原因の一つで、視神経が圧迫され障害を受ける結果、視野がせまくなり(視野狭窄)、失明に至ることもあります。40歳以上の日本人における有病率は5.0%にのぼり、新規発見率は89%で、いまだ治療を受けていない患者さんが多いです。
眼の中には、栄養などを運ぶ房水と呼ばれる液体が流れています。房水は毛様体で作られ、隅角から繊維柱帯に出て排出されます。この房水による眼の圧力を眼圧と呼びます。
緑内障には、まず原発開放隅角緑内障があります。繊維柱帯が目詰まりして房水の圧力が上がり、眼圧が上昇します。ゆっくりと進行する慢性型です。その中で、眼圧が正常範囲(10~21 mmHg)でも緑内障になる場合を正常眼圧緑内障といい、緑内障の7割に当たり、日本人に多いタイプです。また原発閉塞隅角緑内障は、繊維柱帯に入る前の隅角が塞がり、房水の流れが妨げられて眼圧が上がる場合で、慢性型と急性型があります。そのほか、先天性、外傷、他の眼の疾患やステロイド薬による続発緑内障があります。
症状ですが、一般に自覚症状に乏しく知らないうちに進行します。しかし視神経が障害されると治ることはないので、早期発見・治療が必要です。急性型の場合、眼の痛みや頭痛、吐き気などを起こします。すぐに眼圧を下げる治療が必要です。
緑内障の治療では、眼圧を低くする治療として、主に房水の産生量を減らし、流れをよくする薬を使います。点眼薬から始め、次に内服薬を併用します。侵襲的には、レーザーを虹彩にあてて穴をあけたり繊維柱帯にあてて房水の流れを促進したりします。また房水の流れを妨げている部分を切開し流路をつくって房水を流れやすくしたり、毛様体の房水産生を抑制したりする手術をします。
緑内障の患者さんで、抗ヒスタミン薬(風邪薬や咳止め薬など)や抗パーキンソン病薬、不整脈薬などで抗コリン作用をもつ薬物や狭心症で硝酸薬を併用する場合は、緑内障が悪化する可能性がありますので、主治医に相談しましょう

投稿
神戸医療センター 眼科部長 藤岡久美子

記事URL

2018年1月15日 月曜日

五十肩のおはなし

肩関節周囲炎(五十肩)
肩関節周囲炎とは、またの名前を五十肩とも言います。五十肩といいますが60代、70代の方でも発病します。症状は、肩関節の痛み、関節の動きの制限、を起こす病気です。この為、高いところの物が取れない、衣服の着脱、トイレ動作や、入浴時の洗髪などの時に痛みを伴い、日常動作が不便になります。特に原因なく2~3週間にわたって痛みが増悪し、動きが悪くなってきます。関節組織の骨、軟骨、靭帯、腱などが老化して炎症を起こすことで起こります。周辺組織に炎症が広がる場合もあり、肩関節周辺のかなり広い範囲が痛む事もあり、時に上腕部まで痛みます。ひどくなると、安静時まで痛みが起こり、睡眠障害なども起こります。長引くと6か月~1年くらい痛む事もあります。他にも、肩関節の痛みが出る病気としては、すじ(腱板)に石灰が溜まるものや、すじが切れるもの(腱板断裂)などがありますのでこれらを区別する必要があります。検査はレントゲンでは普通異常ありませんが、石灰が沈着している場合では、これが写ります。腱板断裂は、超音波検査やMRI検査で分ります。治療としては、消炎鎮痛薬の内服や湿布、注射などが有効です。急性期を過ぎたら、温熱療法やストレッチなどの運動療法を行います。ほとんど手術する事はありません。自然に治る場合もありますが、悪化すると関節が動かなくなり、日常生活も非常に不自由になりますので、早めに医師に相談された方が良いかと思います。自宅でできる治療法としては、関節をよく温め、ストレッチのような運動をする事ですが、負荷をかけて運動してはいけません。また石灰が溜まっている場合は、温めるとかえって痛みが増すので注意が必要です。
五十肩体操を示します。クリックしてください。

投稿
あさだ整形外科クリニック 院長 麻田毅彦

記事URL

2017年12月15日 金曜日

手の痺れのおはなし

手根管症候群:手のしびれに注意して
体の中でも、手の機能は脳と直結しており、細やかな動きを必要とするとともに、最も機密で鋭敏な感覚を持っています。
良く知られている手の病気のうち、「手根管症候群」は手首の手のひら側にある、骨と靭帯に囲まれた「手根管」と呼ばれる管の中を通る「正中神経」が圧迫されて起こります。
親指から薬指にしびれが生じ、薬指のしびれは親指側だけであることが特徴です。
正中神経は物などをつまむ際に親指を動かす筋肉を支配しており、症状が進行するとそれらの筋肉の動きが悪くなり、症状が進行するとボタンをはめるなどの動作に支障が出ます。
治療は、初期には薬の内服や注射などで良くなることもありますが、ある程度進行すると手のひら側にある靭帯を切り離す手術が行われます。また、つまみ動作に支障がある場合は、その機能再建術が必要となる事もあります。手のしびれは手根管症候群のような末梢神経の障害だけではなく、脳・脊髄といった中枢神経のいずれに異常が発生しても起こります。
しびれを放置せずに病院を受診し、進行する前に診断や治療を受けていただくことが重要です。
また、指の曲げ伸ばしの時の引っ掛かり感を症状とする「ばね指」や、痛みを伴わない手のしこりから指の伸ばしにくさに進行する「デュピュイトラン拘縮」、ドアノブを回すときの手関節小指側の痛みを伴う「TFCC損傷」など、日常生活、仕事、趣味にかかわる様々な疾患で、最初の症状は軽くても、放っておくと大きな後遺症をもたらす可能性がある病気も存在します。それぞれの病気についてよく知っておくこと、適切な時期に適切な治療を受けることが大切です。

投稿 
三輪整形外科クリニック 院長 三輪啓之

記事URL