• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種

健康コラム

2019年12月 3日 火曜日

体脂肪を燃やして見た目も中身も若く!!

 年齢を重ねていくごとにカラダ年齢には個人差が出てくる。お腹周りにたっぷりと脂肪を蓄えてしまった自分と昔と変わらない印象の友人とのギャップに驚いた経験がある人もいるかもしれない。実年齢を若くすることは出来ないが、カラダ年齢を実年齢より若く保つことは可能だ。若々しいカラダをキープするポイント、やるべきことは極めてシンプル。体脂肪を改善するには24時間の過ごし方が大切だ。
① 自律神経(バランスを整えて毎日カラダを確実にリカバリーする)
基本的に日中は交感神経が、夜間は副交感神経が優位でこのリズムが崩れると血流の悪化、ホルモン分泌の乱れが起こり細胞の修復力や代謝の低下につながり太りやすくなったり、シミやシワが現れて老化が進む。
② 食生活(糖質の摂取量と栄養バランスを見直すべし)
内臓脂肪の肥満が多いとされる日本人。いわゆる中年太り。糖質か脂質を必要以上に摂取している可能性が高い。また中性脂肪の合成を促すインスリンを大量に分泌させる糖質過多の食生活は肥満の原因となる。自分が何をどれだけ食べているのか。それを自覚することが体脂肪の改善つながるはず。
③ 活動量(意識的にカラダを使い、生活の中での活動量をキープする)
机に向かってひたすら仕事をしていると、知らず知らずのうちに活動量が減ってしまう。日進月歩、世の中が便利化していく事もそれに拍車をかけている。エスカレーター・エレベーター・車。体脂肪の改善を目指すなら、あえて便利な生活を遠ざける事が必要だ。
④ 運動(適度な運動習慣が太りにくいカラダを作る)
体質の個人差はあるものの、エネルギーの収支が黒字になれば体脂が蓄積するのは自明の理。摂取しているカロリーが運動量を上回ってしまうとその分が体脂肪になる。年をとれば運動量が減り、筋肉量の低下で基礎代謝が落ち、体脂肪量&体脂肪率が上昇する。だからこそ、年齢を重ねた分、運動量、筋肉量をしっかり確保し、消費カロリーが摂取カロリーを上回るように心掛けたい。

投稿
岡田医院 院長 岡田祥敬

記事URL

2019年11月 8日 金曜日

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群とは、検査を行っても明らかな病変がないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛、腹部膨満感など持続するものをいいます。例えば昔から緊張するとおなかが痛くなったり、トイレに行けない状況で便意をもよおしたり、下痢と便秘を繰り返しまともな排便がないなど、命にかかわる病気ではありませんが、不快感が強く生活の質を低下させます。
過敏性腸症候群は、20~40歳代の若い年齢層に多くみられ、先進国に多く、日本においては人口の10~15%程度の方にみられるというデータもあります。
過敏性腸症候群の明らかな原因はいまだ不明ですが、大腸や小腸など消化管の運動異常や知覚過敏、精神的なストレス等が関係しているとされ、複数の要因が組み合わさることで発症すると考えられています。
過敏性腸症候群は、症状によって下痢型、便秘型、混合型(下痢と便秘が交互に繰り返す)に分類されます。
過敏性腸症候群の診断は、自覚症状に基づいて行われます。過敏性腸症候群と似たような症状が現れる病気として、細菌性・ウイルス性の腸炎や、潰瘍性大腸炎、クローン病、また大腸癌などがあるため、必要に応じて検査(血液検査や便の検査、レントゲン検査、大腸カメラなど)を行い、他の病気がないかどうかを確かめることもあります。
過敏性腸症候群は、生活習慣(食習慣や睡眠などのライフスタイル)の乱れや、精神的なストレスなどで症状が悪くなることが多いため、まずは生活習慣の改善やストレスの軽減を図ります。運動も症状改善に有効とされます。また、生活習慣の改善で症状がよくならない場合には、症状のタイプ(病型)に合わせて薬物治療を行っていきます。使用される薬剤にはセロトニン3受容体拮抗薬、高分子重合体、消化管運動調整薬、乳酸菌製剤、緩下剤、止瀉薬、漢方薬、抗不安薬など多くの種類があり、状態によって使い分けていきますが、病型に合わない薬を使うと余計に悪くなることもあり注意が必要です。
過敏性腸症候群は完治するものではないので、デリケートな腸とうまく付き合うことで症状を抑え、生活の質を改善していくことを目指します。

投稿
矢野外科胃腸科 院長 矢野 雅文

記事URL

2019年10月 1日 火曜日

へバーデン結節のおはなし

 へバーデン結節は、人差し指から小指にかけて、第一関節が変形したり、赤く腫れ上がったりする病気です。親指には起こりません。40歳代くらいから発症します。女性に多くみられます。原因は不明ですが、女性ホルモンが低下してくると、発症するのではないかと考えられています。よく、リウマチではないかと思われ、来院されることが多いですが、リウマチとは異なります。リウマチの場合は、第一関節の変形は起こりにくく、第二関節より体に近い関節に変形をきたします。そして、リウマチは血液検査でリウマチ因子を調べて特定しますが、へバーデン結節では、リウマチ因子は上がりません。余談ですが、第二関節だけが変形する病気を、ブシャール結節といいます。
 レントゲン写真を撮るとよく分かります。第一関節の変形が強く、第二関節から手関節辺りには、変形が見られないことが多いです。痛みは、しばらく続きますが、第一関節の変形が一旦落ち着くと痛みも治まります。ですが、また、別の指の第一関節の変形が進みだすと、その指に痛みが起こります。そうして繰り返していくことで、人差し指から小指にかけて徐々に変形していっているのです。
 第一関節が曲がると痛みを認めます。第一関節を意識して全く動かさなければ痛みを感じずに済みますが、日常生活ではそういうわけにはいきません。痛み止めを飲んだり、塗り薬や貼り薬を使っても、動かせば痛いのです。ですので、いかに動かさないかがポイントになります。ピンを入れて固定する手術もありますが、まず行われることはありません。金属を使用した指を固定する装具もありますが、料理など水回りの仕事には大変不便です。いろいろと試したのですが、やはりテーピングが良いようです。
 25mm幅のテープを使用します。運動用のテーピングテープは切りにくく使いづらいので、指で簡単にきれいに切れる固定用テープを使用しています。第一関節のみに5-6回巻き付けます。1-2回巻いただけでは、固定力が弱く、第一関節が曲がってしまいます。これだけで、第一関節は曲がりにくくなるので、痛みを感じにくくなります。テープを巻いたまま、料理など、水回りの仕事もしていただいています。テープにもよりますが、濡れても乾きやすいので、何度も拭いてそのまま使用していただいています。テープで指がかぶれたり、汚れたりしたときは、外したり、休ませたり、貼り替えたりして様子を見ていただきます。一度、ご自分で試してみてください。

投稿
本城外科 院長 本城 雅史

記事URL

2019年6月22日 土曜日

釣り針が刺さってしまったらのおはなし

暖かくなってくると山や海にとレジャーに出掛けたくなってきます。山よりも海に行きたいと思う方が約5倍も多いそうです。さて出掛ける方が多ければ事故や怪我も増えてしまいます。その中で大事故と言うほどではないのですが、釣りの最中に釣り針が刺さって取れないという患者さんが時々やって来ます。平日の病院が開いている時間帯に釣りに行ける方は少ないので、ほとんどが休日・時間外にやって来ます。思わぬ所に刺さっているもので、指先は勿論、頭、鼻、上瞼、背中、お尻、足など様々な所、はたまた隣で釣りをしていた人まで釣って、ひたすら謝りながらやって来られる方もいます。
釣り針の先端にはもどし(かえし、バーブ)という逆向きにとがった部分があり、餌が外れないように、釣った魚が外れないような役目をしています。
このもどしがあるために、人の皮膚に刺さった場合に取れなくなり、やっかいな事になります。最近更にやっかいなのは、皆さんお持ちのスマホで検索すると色々な対処法が出てきますし、ご親切に動画でも観ることが出来ます。これを参考にご自分で試したり、経験のある釣り仲間があれやこれやとアドバイスしてくれるようです。釣りをされる方は手先が器用な方が多いので、上手に抜けた方は病院に来ないのでしょうが、中途半端なことをして皮下組織を損傷し、腫れ上がって血まみれでやって来られる方もおられます。ネットで検索すると、簡単に抜けますと紹介されている方法の一つにミシガン州立医大の先生方が米国家庭医学会で発表したstring-yank-technique(糸で引っ張る方法)という方法があります。刺さった釣り針の弯曲部に糸を結び、チモトの部分を押さえながら逆方向に一気に糸を引っ張ると、簡単に抜けると説明されています。ただ工夫好きの日本人は、獲物によって様々な釣り針を使い分けるため釣り針の形状、もどしの数や形状、刺さった場所、刺さり方等の要因で、ネットで紹介されているほど簡単には抜けません。
色々な事を試しても抜けなくて、ようやく病院にやって来られます。
このような方に対して、一般的には局所麻酔をし、advance and cut techniqueと言う方法を用いペンチで釣り針を把持し、もどしの部分が皮膚から出るまで先に進め、出てきた釣り針の先端をもどしも含めペンチでカットして釣り針を戻して抜きます。
その後傷口を充分に洗浄・消毒し、必要に応じて抗生物質、抗炎症剤を投与します。傷の汚染の程度によっては破傷風トキソイドが必要な場合もあります。
というわけで、釣りをする際、釣り針は危険な物であると言う認識を持ち、特に投げるとき周囲に細心の注意を払いましょう。もしそれでも不幸にして釣り針が刺さってしまったら、ネット情報を鵜呑みにして自分で何とかしようという気持ちは抑え、水道水やペットボトルの水で洗浄し、出来れば刺さっている釣り針と同じ物を持参して(抜くときに大変参考になります)、速やかに病院に行くことをお勧めします。

投稿
吉川クリニック 院長 吉川 均

記事URL

2019年4月 8日 月曜日

長びく「声がれ」のおはなし

 風邪の時に一時的に声がかれることはよくあります(風邪に伴う急性喉頭炎)。
これは、風邪薬を服用したり、発声の安静を保つことでそのうち軽快します。
 風邪もひいていないのに声がれが続く、徐々にひどくなる場合は気をつけて下さい。(特に喫煙者の方!)
 以下、声帯が動かなくなる病態(反回神経麻痺)、甲状腺機能低下症(橋本病)、加齢変化や心因性、痙攣性発声障害を除く主な病気を挙げてみます。

<声帯ポリープ>

声帯の前方1/3あたりが限局的に丘状に盛り上がる状態。喉の炎症があるところへ、声の濫用や喫煙などがあると生じやすい。

<声帯結節(けっせつ)>

両側の声帯の前方1/3あたりに対称性に生じる小さな突起状の隆起。声を過度に使う歌手、保育士、教師、アナウンサー、エアロビクスインストラクターなどにできやすく、ハスキーなかすれ声。

<ポリープ様声帯>

声帯全体が浮腫状に腫脹した状態。声を濫用する喫煙者に多く、低いがらがら声。病変が高度だと呼吸困難をきたすこともあります。

<喉頭肉芽腫(にくげしゅ)>

声帯の後方の片側か両側にできる腫瘤。声帯への機械的な刺激により生じます。(長時間の手術で麻酔の気管チューブによる刺激、過激な発声、過度の咳払い、胃酸の逆流など)ステロイドの吸入がよく効きます。胃酸の逆流が疑われる場合は胃酸を抑える薬(プロトンポンプ阻害薬)を服用する場合もあります。

以上は、いずれも炎症性のもので、腫瘍ではないので心配はありません。発声の安静に努め、禁煙し、消炎剤などで良くならない高度な病変の場合は、全身麻酔による顕微鏡下の手術が必要な場合があります。

<喉頭乳頭腫(にゅうとうしゅ)>

ヒトパピローマウイルス(HPV)によって引き起こされるといわれている良性腫瘍ですが、再発しやすいという特徴もあります。稀に悪性化することもあります。

<喉頭がん>

50代以上に多く、男性は女性の約10倍で、喫煙、飲酒と因果関係の大変深いがんです。約60%強は喉頭の中でも声帯にできるので、初期から声がれが生じます。
上記の病気は、命にかかわるものでもありませんが、これは早期発見、早期治療が大変重要です。ごく初期なら手術せず、放射線治療だけで完治することが多いですが、進行すると歌手のつんくさんのように喉頭全摘術をせざるを得ず、一生発声機能を失います。

声がれが長びき、特にヘビースモーカーでお酒もお好きな方は、一度お近くの耳鼻咽喉科を受診して下さい。外来で簡単にカメラで喉頭(声帯)の診察ができます。

投稿
にしむら耳鼻咽喉科 院長 西村 一


記事URL