• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種

健康コラム

2017年12月15日 金曜日

手の痺れのおはなし

手根管症候群:手のしびれに注意して
体の中でも、手の機能は脳と直結しており、細やかな動きを必要とするとともに、最も機密で鋭敏な感覚を持っています。
良く知られている手の病気のうち、「手根管症候群」は手首の手のひら側にある、骨と靭帯に囲まれた「手根管」と呼ばれる管の中を通る「正中神経」が圧迫されて起こります。
親指から薬指にしびれが生じ、薬指のしびれは親指側だけであることが特徴です。
正中神経は物などをつまむ際に親指を動かす筋肉を支配しており、症状が進行するとそれらの筋肉の動きが悪くなり、症状が進行するとボタンをはめるなどの動作に支障が出ます。
治療は、初期には薬の内服や注射などで良くなることもありますが、ある程度進行すると手のひら側にある靭帯を切り離す手術が行われます。また、つまみ動作に支障がある場合は、その機能再建術が必要となる事もあります。手のしびれは手根管症候群のような末梢神経の障害だけではなく、脳・脊髄といった中枢神経のいずれに異常が発生しても起こります。
しびれを放置せずに病院を受診し、進行する前に診断や治療を受けていただくことが重要です。
また、指の曲げ伸ばしの時の引っ掛かり感を症状とする「ばね指」や、痛みを伴わない手のしこりから指の伸ばしにくさに進行する「デュピュイトラン拘縮」、ドアノブを回すときの手関節小指側の痛みを伴う「TFCC損傷」など、日常生活、仕事、趣味にかかわる様々な疾患で、最初の症状は軽くても、放っておくと大きな後遺症をもたらす可能性がある病気も存在します。それぞれの病気についてよく知っておくこと、適切な時期に適切な治療を受けることが大切です。

投稿 
三輪整形外科クリニック 院長 三輪啓之

記事URL

2017年12月 5日 火曜日

耳鳴りのおはなし

耳鳴

耳鳴りの分類
•外因性耳鳴り 音源を特定できない戸外の振動などが原因と言われているが不明のことが多い。
•内因性耳鳴り 体内に原因を認める耳鳴り、例えば血管性耳鳴り。
拍動性のどくどくといった音をしめすことが多く、高血圧、中耳炎などが原因の場合がある。
生理的耳鳴り
•無響音室性耳鳴りや一過性の血流変動によって生じるものなどがある。
•防音室などのきわめて静かな部屋に入った時に「シーン」「ジャー」など一過性に感じる音覚 日本人が静かで音のない状態を「シーン」という表現を用いるのはそれに通じるものと考えられている。
•睡眠不足、疲れなどが強い場合。片耳の耳閉塞感にともなって「キーン」という耳鳴りが短時間に一過性に起こることがあり、聴覚経路の一過性の虚血が原因と考えられているがそれらは生理的な現象である。

一過性の耳鳴り、つまりはときどきある耳鳴りに関しては治療対象にはあまりならないことが多い。耳鳴りが持続的になることが問題で、いろいろな疾患が隠れている場合があるので、持続的な耳鳴りを自覚した場合は耳鼻咽喉科受診をおすすめする。

つぎに耳鳴りに随伴する症状がある場合
•例えば 耳鳴りとめまい 
      耳鳴りと難聴  
 といった症状の場合はメニエール病や突発性難聴、聴神経腫瘍などの可能性もある。
その場合は聴力検査やCTなどの画像診断等で判別することもある
特に突発性難聴に関しては早めの治療開始が大事なのでなるべく早い受診が必要となる場合もあるので注意が必要。
耳鳴りの治療
ビタミン剤、漢方などの投薬等の効果は乏しいことが多い。
血流改善剤等にて経過をみていくことが多いが、高音を低音の音にすることや音を小さめにしていくことを目的としており、低音の耳鳴りを止めることは非常に困難である。
不眠、ストレス等が強い場合は抗不安薬、眠剤などの投与は効果的な場合があるが、コントロール不良の場合が多いので心療内科、精神科への紹介も考慮が必要となる。
耳鳴りの原因としては不眠などの体のストレスや精神的ストレス等が強い場合なることもあるので一過性の耳鳴りは体の悲鳴として、まずは体をしっかり休めてあげることも大事な治療となることもつけくわえておく。

投稿
宮本耳鼻咽喉科 副院長 宮本英明

記事URL

2017年10月31日 火曜日

疥癬のおはなし

疥癬とは?
疥癬はヒゼンダニ(Scarcoptes scabieivar.horminis)による感染症で、人から人へ接触する事で感染します。
疥癬は有史以来人類を悩ませてきた皮膚病で、古くは古代バビロニアでの記録があります。19世紀中頃からは皮膚科医が主に診療する病気になりましたが、様々な民間療法が広く行われてきたのが実情です。
しかし、近年有効な治療薬が発見され、臨床の場で使用する事が可能となったため、治療は大きく進歩しました。しかしながら、疥癬の病態は完全に解明されたわけではなく、病像も多岐にわたり、マネージメントするのは難しいと言わざるを得ません。
確定診断は顕微鏡で、虫体もしくは卵を確認することです。


要点を以下にまとめてみました。

1. 疥癬はヒゼンダニによる感染症で人を介して容易にうつる。
2. 感染は接触により起こる。(衣服、寝具を介しても感染する。)
3. ヒゼンダニは体長0.4×0.3mmくらいの原虫で、肉眼ではまず確認できない。寿命は1~1.5か月位である。
4. ヒゼンダニは吸血しない。
5. 刺されて痒いわけではなく、遅延性の皮膚アレルギー反応が起こって、痒くなると言われている。
6. ヒゼンダニは16℃で動けなくなり、感染力が低下する。また、50℃の熱を10分間以上加えると死滅する。
7. 疥癬の主な症状は強い痒みを伴う発疹である。通常、顔に発疹が出ることはない
8. 疥癬には通常疥癬と重症である角化型疥癬があり、後者はノルウェー疥癬とも呼ばれ感染力が極めて高い。

治療は外用薬と内服薬があります。前述したように近年有効な薬、(イベルメクチン、発明者はノーベル賞を受賞しました。)が発見されたため、飛躍的に治療が楽になりました。

興味のある方、詳しく知りたいと思う方は日本皮膚科学会のホームページを開き、疥癬診療ガイドライン(第3版)をご覧下さい

投稿
美紀皮膚科医院 院長 稲守美紀

記事URL

2017年9月28日 木曜日

便秘のおはなし

さて、便秘をざっくり分けると「器質的便秘」と「機能的便秘」に分けられます。いきなり慣れない専門用語で難しそうに見えますが、何のことはない「がんなどで便が通らない便秘」と「大腸は大丈夫なのだが単純に腸の動きが悪い人、或いは便が硬くて出ない人」ということです。
大腸がんで便が詰まっている場合は一大事ですので、便に血が混じっている場合や一度も大腸の検査をしていない人は、一度大腸内視鏡検査を考慮する必要があります。
しかしながら、世の中の便秘で困っている人のほとんどは「機能的便秘」であります。
「便秘と下痢を繰り返す」という人がいますが、よくよく訊くと硬い便がポロポロ出てその後に泥状便がダラダラ出るという人が多いのです。これは便秘と下痢を繰り返しているのではなく、明らかに便秘症なのです。ではなぜ下痢を伴うのでしょうか。
大腸の中にはあのバナナみたいな便が詰まっていると思っている人が多いようですが、実は違うのです。ペースト状の便が直腸に溜まって脱水されてあのバナナみたいな便が作成されるのです。その奥のS状結腸や下行結腸にある便は相当に緩いのです。
さて、直腸で脱水された便がすぐに出てくれれば問題はないのですが、諸事情で排便に行けなかったり蠕動運動の弱い人は、そのまま直腸で便が脱水を受け続ける羽目になります。すると便は硬くなり出にくくなり、更に脱水を受けて兎の糞のようになってしまいます。そうなると、いわゆる下剤(お馴染みのセンナやプルセニドなど)の出番となります。そして大腸が動いておなかが痛くなって硬い便が出て、その奥に溜まっていた泥状便がダラダラ出てくるといったサイクルに入ります。この悪循環を何とかしないと便秘の負のサイクルから抜け出せません。
ここで出てくるのが、マグミットやカマグに代表される、便を柔らかくするタイプの下剤です。これらの下剤は、下剤と言いながら大腸を動かす力は持ち合わせておりません。便と混じって便が硬くなるのを防いでくれるのです。云わば便の保湿剤です。直腸での停滞時間が少々長くなっても便が硬くならないので、うまくゆけば自力での排便も期待できます。最近では、小腸から水分を出して便を柔らかくするタイプの下剤も出ておりますので色々と使い分けもできるようになりました。
硬便でお困りの方は、一度主治医の先生に相談してみては如何でしょうか。

投稿
まえ川 内科クリニック 院長 前川透

記事URL

2017年4月 4日 火曜日

甲状腺のおはなし

甲状腺の病気
 甲状腺は、喉ぼとけの下あたりにあり、蝶が羽を広げたような形で、気管に被いかぶさるように張り付いている臓器です。重さ約10g、右側を右葉、左側を左葉と呼び、両葉とも、大きさは、横幅2~3cm、縦に4~5cm、厚さ約1cmで、筋肉に被われており、普通は手で喉を触っても甲状腺の位置を確認する事は出来ません。
 甲状腺から分泌されています甲状腺ホルモンは、いわば"元気の源"のようなものです。全身の新陳代謝を活発にし、交換神経や心臓などの活動を高め、汗や脈拍を調整するなどの働きがあります。
 甲状腺がホルモンを過剰に合成している状態を、甲状腺機能亢進症といい、そのほとんどがバセドウ病です。逆にホルモンの合成が不足している状態を、甲状腺機能低下症といい、そのほとんどが橋本病です。
 両者とも免疫の異常によって起こる自己免疫疾患です。アレルギー性鼻炎が鼻の粘膜に、リウマチが関節に作用する自己免疫疾患であるのと同様に、バセドウ病では自己免疫が甲状腺を刺激するように働き、甲状腺機能亢進状態に、橋本病では甲状腺を壊すように働き、甲状腺機能低下状態へと導きます。
 バセドウ病は、女性に多いのが特徴で、成人女性の200~300人に1人の割合で発症するといわれ、特に20~40歳代に多く見られます。症状としては、新陳代謝が異常に活発になるため、動悸、息切れ、疲れやすい、多汗、手指のふるえ、体重減少、イライラする、食欲亢進、下痢・軟便、月経過小、首の腫れ、眼球突出などがあります。診断は、血液検査にて、甲状腺ホルモン、自己抗体を調べることにより、ほぼ診断がつきますが、場合によって、バセドウ病では通常より多くのヨウ素が甲状腺に集められることを利用した、アイソトープ検査のヨードシンチを行うこともあります。治療は、抗甲状腺薬を用いた薬物治療が基本ですが、薬物治療が上手く行かない場合、甲状腺が非常に大きく腫れている場合などには、放射線ヨード治療や、手術療法を考えます。
 橋本病は、やはり女性に多く、成人女性の10~20人に1人の割合で発症するといわれ、とても頻度の高い病気です。特に40歳以上に多く見られます。症状としては、バセドウ病とは反対に、新陳代謝が低下するため、全身倦怠感、傾眠傾向、皮膚乾燥、寒がり・皮膚冷感、顔・手足の浮腫、食欲がないのに体重増加、便秘、嗄声、月経過多などがあります。
診断は、血液検査にて、甲状腺ホルモン、自己抗体を調べます。橋本病と診断されても、
甲状腺機能低下症までに至る人は、大体4~5人に1人といわれています。治療は、甲状腺機能が正常に保たれている場合は無治療ですが、甲状腺機能が低下している例では、甲状腺ホルモン剤を投与することにより、足りなくなった甲状腺ホルモンを補充します。
 バセドウ病は更年期の症状、橋本病は加齢による症状と似ているため、どちらも気が付きにくい病気です。他の病気と区別して、早期に発見し、適切な治療を受けるためにも、40歳以上の女性は、一度、検診にて甲状腺ホルモン値を測定するのも望ましいと思われます。 

投稿
前田医院 院長 前田章雅

記事URL