• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種

健康コラム

2017年3月 1日 水曜日

巻き爪のおはなし

まき爪って何?
巻き爪とは、爪の両端の先端が強く内側に彎曲する状態を言います。負担のかかりやすい足の親指に多く起こり、爪が肉に当たることで痛みを引き起こしたり、進行すると周りの肉が盛り上がって出血を起こしたり、変形した爪に巻き込まれた皮膚が化膿することもあります。陥入爪は10人に1人が経験すると言われるほど多い病気ですが、軽く考えて治療せずにいると、痛む足をかばって歩くために、ひざ痛、腰痛の原因になることもあるので早期の治療が必要です。
巻き爪で痛みが生じると、ほとんどの人が爪を深く切り込んで痛みを取ろうとします。しかし、深爪をすると一時的に痛みは楽になるのですが、再び爪が伸びて来ると爪の周りの肉が盛り上がり、さらに爪を両サイドから圧迫するので爪の巻き込む変形がひどくなります。爪が皮膚に食い込むと痛みが増し、また深爪をする。巻き爪は悪循環を繰り返してドンドン悪化していく病気なので、自己判断での深爪は厳禁!です。

まき爪にはどんなタイプがあるの?
巻き爪には①陥入爪(かんにゅうそう)②弯曲爪(わんきょくそう)③爪甲鈎弯症(そうこうこうわんしょう)という3種類のタイプがあります。
一番多いのは、爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みを起こす「陥入爪」。これがひどくなったのが「弯曲爪」。ちょうど使用前のホチキスの針の状態が「陥入爪」。爪の両側がさらに内側に巻き込んで皮膚を挟み込むようにして「のの字」型に巻き込んだもの、ホチキスの針が使った後に折れ曲がった状態が「彎曲爪」と思えばイメージしやすいと思います。
最後の「爪甲鈎弯症」は年配の方に多く見られ、しばしば水虫と間違えられる病気です。
爪が前に伸びずに上に盛り上がって、爪が異常に厚くなり、進行するとツノのように盛り上がってしまう状態です。これは他の2つと異なりあまり痛みを伴いません。



何が原因?何に気を付けたら良い?
≪靴に注意≫
巻き爪を防ぐための最も重要なポイントは「足に合った正しいサイズの靴を履くこと」です。
足に合わない小さなサイズはもちろんダメですが、大きすぎるサイズの靴も巻き爪の原因になります。大きい靴の中では足が前に滑ってしまい、指が靴に当たって巻き爪を引き起こす原因となります。一般的に、靴の中でのつま先の余裕は5~10mmが最適と言われています。またヒールの高い靴、先の細くとがった靴も、足先に体重がかかり、爪が圧迫される事で巻き爪の原因となるので注意が必要です。どうしても履かなければいけない方は必要最低限の着用に留め、長時間の着用は避けて下さい。靴は「土踏まず」がきちんとフィットして足が前にずれず、歩いているときにも足の指が動かせる余裕が有ることを確認して選びましょう。出来れば足の甲にベルトが有るタイプや紐靴を選び、足が前に滑らないように靴紐やベルトで足をきっちり固定することが大切です。
≪正しい爪切りを心掛ける≫
間違った爪切りが巻き爪の発症のきっかけになる事が多く、特に爪の端を切り込む深爪は厳禁です。
正しい爪切りは、爪の先端が約1mm残るくらいにして、両端を四角く切る「スクエアカット」が基本です。
一度切り込んでしまうと、伸びるまでに時間がかかり、症状が悪化する事が多くなります。日ごろから爪の端を内側に切り込まないように注意して下さい。







<<スポーツも要注意>>
足の指に力の入るサッカーやジョギング、テニス、卓球、ダンス、バスケなどのスポーツをしている人にまき爪はよく起こります。足の指や爪に激しい負荷がかかると、爪の側面に炎症が起こって周辺の肉が盛り上がっていきます。周りの肉が盛り上がると両端から爪を圧迫して爪が巻きはじめます。スポーツだけでなく、爪をぶつけたり、足の指の外傷も、同じ理由から巻き爪の原因になる可能性があります。
  スポーツをするときは、しっかり足にあったシューズを選んで使用するように心がけて下さい。
<<遺伝が原因?>>
生まれつきの骨の形や爪の形状が原因で巻き爪が起こることがあります。「親も巻き爪で困っていた」と言う方は他の人よりリスクが高いので、発症しないように靴選びや爪の切り方を注意しておく方が良いでしょう。また、爪が薄くて柔らかい方も、巻き爪になりやすいようです。爪が薄く割れやすい人は、爪のコーティング剤などを使用して爪を厚くすることで、外力による変形から爪を守るのもお勧めです。
<<老化>>
    爪は老化すると少しずつ厚くなっていきます。また肌が乾燥するように爪も乾燥して硬くなり、縮んで小さくなっていきます。さらに年をとっていくと、あまり歩かなくなるので下から爪を押し上げる力が働かなくなる為に、爪は巻きやすくなります。予防には普段から爪までクリームを塗るなど保湿をする事と、適度なウォーキングが大切です。

<<爪水虫>>
    爪に水虫菌が入ると、爪が厚くなり変形して巻き爪になる事があります。この場合は水虫の治療が最優先になるので、爪が白く変色して厚くなっている場合には、まず皮膚科などで水虫の治療を受けてください。

<<その他>>
爪甲鈎弯症の場合、多くの場合の原因は不明ですが、甲状腺機能低下症などの内分泌障害なども原因となる事があります。


巻き爪(陥入爪・彎曲爪)の治療法は?
巻き爪の治療法には、「手術療法」と「保存療法」の2種類があります。

≪手術療法≫
手術療法は、「巻き爪を治すためには変形した爪を作っている部分(爪母)をなくしてしまえば、変形した爪は生えてこない」という考え方に基づいて行われる治療です。
日本での代表的な治療は、内側に巻き込んだ部分の爪と爪床と爪母をすべて切り取る方法と、巻き込んだ部分の爪のみを切除し、不要な範囲の爪床や爪母をフェノールという薬品で固めて爪を生えて来なくする方法の2つです。
爪を切除する方法は術後の痛みが強いのが欠点ですが、完治率が高いので手術治療のほとんどはこの治療が行われます。薬品を使う方法は術後の痛みは軽いのですが、再発が起こりやすいデメリットがあります。どちらにしても術後はしばらく激しい運動や入浴を控える事が必要です。しかし巻き爪のクセを治す「矯正療法」と言われる保存療法と比較すれば、手術療法は①短期間で治療が終わる。②再発が少ないという点では優れています。デメリットは、いずれの方法も不十分な切除では再発することもあり、術後に爪の幅が狭くなったり、爪が変形する事もあります。
  
≪保存療法≫
保存療法には「テーピング」「コットンパッキング」と、ワイヤーやプレートによる「矯正療法」、痛みを緩和する「ガター法」があります。代表的な方法を簡単に説明してみましょう。

 コットンパッキング
ごく軽度の巻き爪であれば、巻き爪を起こした爪の下に小さな綿花を挟み込みます。これだけでも、ある程度の痛みは緩和されます。但し、あまり深爪にしている場合は綿花が挟み込めないので、先の白い部分が1mm程度伸びている場合に使う方法で、先の細いピンセットなどがあれば家庭でも簡単に行えます。使用するのは普通の綿花でも構いませんが、最近では専用のコットンも発売されています。

 ワイヤー・プレート矯正
形状記憶合金のワイヤーやプレートの「曲げてもまっすぐに戻ろうとする力」を利用して、巻き込んだ爪をまっすぐに矯正する治療法です。矯正の治療は手術と違って全く痛みが無いのが特徴です。装着した当日か翌日から入浴も可能となります。その他の日常生活での制限もほとんどありません。直線のワイヤーを伸ばした爪の先端の白い部分に2か所の穴を開けて形状記憶合金のワイヤーを通す方法や、爪の両端にフック状のワイヤーを引っかけて左右のワイヤーを中心で締め上げる方法、爪の表面に薄い板を張り付ける方法などがあります。これらの方法は少しずつ矯正していく治療法ですので、1度の治療で良くなる事はなく4~8週ごとにワイヤーなどの入れ替えや掛け替えが必要になります。また、爪の変形の度合いによっては、完治するまでに数か月~1年程度の時間が必要になることがあります。矯正力はワイヤーの方が強いので、プレートを使った矯正は、ワイヤーでは爪が割れてしまうなど基本的にワイヤーが使用できないときに限られます。矯正治療は簡単でほとんどの巻き爪に対応可能ですが重症な場合は手術が必要となります。しかし簡単で負担の少ない治療法なので、近年では巻き爪になったら、まずはこの矯正治療を受けることが勧められています。ただし、ワイヤーやプレートなどを使った矯正は健康保険の適応がなく自費治療になる事が多いので、まずは専門医の診察を受けて自分に合った治療法をご相談ください。
    また最近では病院の治療でなくても、自分で付け外しが出来る簡単な爪の矯正装具も色々発売されています。
軽症の場合は装具をうまく活用して、普段から自分で矯正をすることもお勧めです。

 アクリルガター法
痛みが大変に強い時には、肉に食い込んでいる爪と肉の間に、細いビニールチューブを挟んで痛みを
緩和させる方法です。ただし根治手術ではないので、痛みが落ちつけば他の治療を行う必要があります。

巻き爪(爪甲鈎弯症)の治療法は?
残念なことに他の2つのタイプと違って、これには有効な治療法はなく、ヤスリなどで爪を削ってい
く方法しかありません。「自分では難しくて出来ない!爪が硬くて切れない!」などでお困りの場合には、歯を削るような専用の器具やニッパー型の爪切りなどで処置をしてもらえる事が多いので外科や皮膚科にご相談下さい。

まとめ
   巻き爪はありふれた病気ですが、放っておいて重症になると大変なことになります。早めの治療が大切です。
自己判断で治そうとせず、軽症のうちに外科、皮膚科、形成外科などでご相談下さい。
                        
投稿
小林皮膚科医院 渡辺雅子

記事URL

2017年2月 6日 月曜日

頭痛外来のおはなし

「頭痛外来」って何するところ?

頭痛には、先の国際分類で発表されたように350種類もの多岐にわたる種類があります。それらを大別すると、片頭痛や緊張型頭痛のような命に係わらず、明らかな原因のない「一次性頭痛」と、脳腫瘍やくも膜下出血、髄膜炎のような命に係わったり、何らかの原因が背景にある「二次性頭痛」に分かれます

(1)一次性頭痛について
 その代表は片頭痛と緊張型頭痛、群発頭痛の3つです。
〇片頭痛
 もっともポピュラーに頭痛外来で拝見する頭痛です。症状としては、中等度以上の頭痛強度で、動いたり振動が加わると悪化し、嘔気嘔吐や光音においに異常な過敏性をきたします。一部には、頭痛の前兆に目がチカチカしたり見えなかったりすることが数分程度先行することもあります。頭痛の前には、生あくびや異常な食欲、肩こり、いらつきや集中力低下などがあることも特徴です。ストレスや寝不足寝すぎ、気圧の変化、女性の場合は生理、さらに最近はPCやスマホ、ゲームなどによる刺激も誘因となります。
発症当初は市販の鎮痛剤でも効き目はありますが、年齢と伴に、また社会的ストレスの増加などもあり、頭痛が増悪していくと、その効き目が悪くなり、結果、日常生活に支障ときたすようになってきます。最近は子供社会にも、ストレスやPC、スマホ、ゲームによる刺激が蔓延して、頭痛の若年化が確実に進んでいます。そういう子供たちは学校に行けなくなったり、塾を休んだりすることも稀ではありません。
片頭痛に特化したトリプタン製剤の処方や、予防薬をうまく合わせて、早期に適切な治療をすることが何よりも大切です。

〇緊張型頭痛
 患者数としては一番多く、肩こりや目の疲れなどから来ることが多い頭痛です。片頭痛とは違い、動けばひどくなったり嘔吐などを伴なったりするようなことはありません。しかし程度も様々で、精神的な要素などが加わると慢性化し、日常生活がままならなくなることも時にあります。適度な運動やリラクゼーション、姿勢を正し、長時間同じ姿勢を取らないようにすることも大切です。頭痛体操なども有効でしょう。それでも症状改善が乏しい際には、適宜内服処方をしていくこともあります。

〇群発頭痛
 最近は取り上げられることも多く、認知度が上がってきました。年に1回、1か月ぐらい、毎日決まった時間に一側の激しい頭痛が3時間以内で出現し、同側の流涙や鼻水などを伴うのが特徴です。頭痛の強度としては最強ですが、トリプタン製剤や予防薬など、比較的、薬が効きやすいものです。

(2)二次性頭痛について
 くも膜下出血や脳腫瘍などがその代表です。見逃さないために必要なことは以下のことです。これは一次性頭痛を持つ人にも合併する危険性はあり、以下の6つの点が、注意するべきポイントです。普段から意識しておいてください。
① 突然の激しい頭痛
② 今まで頭痛がなかった人の頭痛
③ 麻痺やろれつの障害を伴う頭痛
④ 高熱を伴う頭痛
⑤ 意識消失をきたす頭痛
⑥ いつもの薬がいつものように効かない頭痛
 このような頭痛があれば、すぐに病院受診することをお勧めします。

(3)最後に
頭痛外来とは、患者さんへの問診、MRIや脳波、採血などを駆使して、頭痛を総合的に診断して、個々に応じた対処をしていくところです。特に一次性頭痛は命に係わることはなくても、その人の生活を支障して、有意義な人生を送ることを邪魔する厄介なものです。気になるような頭痛がありましたら、一度ご受診なされることをお勧めいたします。


投稿
いわくら脳神経外科頭痛クリニック 院長 岩倉 昌岐

記事URL

2017年1月11日 水曜日

白内障のおはなし

人の目は、よくカメラにたとえられますがカメラのレンズに相当する部分が水晶体です。正常な水晶体は透明で、光をよく通しますが、さまざまな原因で水晶体が灰白色に濁り、眼球の後ろに光を通すことができなくなる病気が白内障です。白内障が発症すると、かすんで見える、まぶしくなる、ものが2重に見える、近眼が強くなるなどの症状などが出現し、進行すると視力が低下してきます。原因としては圧倒的に老齢によるものが多く、その他は糖尿病、アトピー性皮膚炎による合併症やステロイド剤の長期投与によるもの、母親が風疹にかかるなどが原因で乳児に発症する先天性白内障などがあります。

初期は点眼治療で症状を保つことができますが、進行した場合には手術が必要になります。視力が低下して仕事に支障がでたり、まぶしさが強くなったり、運転免許の更新に必要な矯正視力が0.7未満になった時に手術を考えたらよいですが、視力低下の感じ方に個人差があるので主治医と相談して手術するかを決めるとよいです。手術は入院でする方法と日帰りでする方法もありますが、最近では日帰りでする施設も増えてきました。

白内障手術は、まず局所麻酔を行い、眼球を2ミリから3ミリ程度切開し、そこから細いチューブのような器具をいれて超音波で水晶体は破砕吸引します。眼内にアクリル製の眼内レンズ(直径6ミリで取替え不要)を挿入します。眼内レンズは、手術前に主治医とよく相談して、手術後の裸眼の見え方が遠くもしくは近くにピントが合うかを決めておきます。最近では患者さんのニーズに合わせて乱視矯正が可能な眼内レンズ、多焦点(遠近両用)眼内レンズも選べるようになっています。技術進歩により、患者さんにとって、より安全で確実な手術となり安心して受けられます。

 白内障は痛みや充血などの症状はなく、人間ドックや健康診断で指摘されることが多くあります。以前より見え方が悪い、目がかすむ、まぶしく感じるなどの症状があれば一度診察をお勧めします。

投稿
高井眼科医院 院長 田上雄一

記事URL

2016年12月 5日 月曜日

めまいのおはなし

さて、今回はめまいについてのコラムです。めまいというとみなさんはどのような症状を思い浮かべるでしょうか。みなさんの思うめまいと耳鼻科医にとってのめまいに相違はないでしょうか。ご興味のある方はご一読いただければ幸いです。

☆めまいの性状
めまいを訴えて受診される患者さんの話をよく聞いてみるとだいたいはこの4種類に分けることができるでしょう
① 天井がぐるぐる回るような回転感のあるめまい
② 船に乗っているようにふわふわする、動揺感のあるめまい
③ 歩いていると足元がふらつく、平衡感覚の違和感
④ 突然クラッとする立ちくらみ
※①~③は耳のめまいの可能性がありますが、④はほぼ耳は関係ないと言えるでしょう

☆めまいの原因
めまいと一言でいっても、全部が全部耳鼻科の病気ではないのです
大きくは3種類に分けられます
① 脳からくるめまい:基本的にはめまい以外の症状(ろれつが回りにくい、手足が動かしにくい、物が二重に見える、飲み込みにくいなど)を伴うことが多いです
なお、吐き気や冷や汗は脳からのめまいでなくとも生じます(乗り物酔いと同じ)
② 耳からくるめまい:後述します
③ その他:循環器の病気(高血圧、低血圧、不整脈など)、目の病気、自律神経失調、精神的なものなど
※自覚症状から脳からくるめまいを疑ったのなら脳外科クリニックや入院施設のある病院を受診したほうがいいかもしれません。CT・MRIで異常指摘されなければ、急ぐ必要のあるめまいではないので落ち着いて耳鼻科医のもとで原因検索をしていきましょう。耳からくるめまいも否定されたら、必要に応じて内科で検査してもらいましょう。

☆耳からくるめまい
原因は多岐にわたりますが、よく遭遇するものは下記4疾患です
① 良性発作性頭位めまい症(通称BPPV)
めまいの中で最も多くみられます。「朝、寝返りをうった時に突然ぐるぐると目が回って、しばらく(ほんの数秒程度)するとおさまった」というのが典型的パターンです。
何らかのきっかけで三半規管に前庭の耳石が紛れ込み、頭を動かす度にその石が三半規管内をコロコロ動くせいでめまいが生じると理解していただければ結構です
命にかかわる悪い病気ではありませんが、その耳石があるうちはめまいが生じるので、耳石が消えるように、耳石をもとに戻す理学療法を行うと劇的になおります。時間が経った方は少し時間かかることもあります。また、一度なるとまた起こりやすいです。

②  メニエール病
なぜか有名な病気で、"自称メニエール病"の患者さんがかなりの数存在しますが、実際には有病率は10万人に16人程度でそこまで多くはありません。耳鳴や難聴に伴うめまいが数十分から数時間生じるのが典型的です。症状が一旦治まっても、めまいや耳鳴難聴の反復を認めます。
発症機序は、ストレス→耳の奥がむくむ(内リンパ水腫)→メニエール病発症と言われています。治療は内耳のむくみをとる薬の投与やストレスコントロールが中心になりますが、施設によっては手術療法も行われています。
原因の根本となるストレスが続く限り治癒しないので、もし発症すれば長く付き合っていくことになることが多いです。

③  突発性難聴
現在のところはっきりとした原因は解明されていませんが、「ある日突然片方の耳が聞こえなくなる」という病気です。めまいを伴うことがあります。メニエール病との鑑別が時に困難で、発症当初は突発性難聴と診断したけれども、経過観察中にメニエール病だったと分かることもあります。治療はステロイド投与が一般的です。治る人、ちょっと良くなる人、全然良くならない人と治療効果は人によってマチマチです。めまいを伴っている場合は治りにくいとされています。

④  前庭神経炎
風邪をひきウイルス感染により前庭神経に炎症がおこり、突然めまいが生じる病気です。耳鳴や難聴の随伴はみとめません。発症から数日間は動けないくらいのめまいが持続しることも多いです。
治療は対症療法が中心で、ステロイドを投与することもあります


☆最後に
めまいと一言で言ってもかなりの種類があり、科も多岐にわたります。大切なことは命に係わる病気かそうでないかをまず判断し、致命的な疾患が否定されれば、主治医とともにゆっくり原因疾患をさがして治療していくことです。

投稿 
稲守耳鼻科 院長 稲守徹

記事URL

2016年11月14日 月曜日

痔のおはなし

・ 痔ってどんな病気?
肛門の周囲にできた疾患をまとめて痔といいます。特に、内痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、痔ろうの3つは頻度の多さから「3大痔疾患」と言われています。

・ 他の動物には痔はない?
痔は人間特有の病気であり、他の動物にはほとんど発生しないと言われていますが、なぜでしょうか?
その答えは人間の進化の過程にあります。もともと人間は他の動物と同じように4本足で歩行していましたが、進化に伴って2本足で歩くようになりました。その場合、肛門付近の血液は重力に引かれるためうっ血しやすい状態になります。そこに、長時間の立ち仕事や便秘を繰り返すことなどで肛門に強い力が幾度もかかり、肛門の血管が腫れたり切れたりして痔になるわけです。

・ 「3人寄れば痔主が一人」
以前ある製薬メーカーが成人男女に対面アンケート調査をしたところ、約36%の人が「自分は痔の気がある」と答えたそうです。このことから3人が集まればそのうち1人は痔持ちであると言われています。

・ 痔と人間とのかかわり -あの人も痔だった-
人間と痔とのかかわりは古く、紀元前2500年頃にはエジプト宮廷に肛門医が存在していたとの記録があります。また「目には目を、歯には歯を」で有名な古代バビロニアのハムラビ法典には痔の治療代の取り決めに関しての記載があり1)、太古の時代から人間は痔とかかわっていたことが伺えます。
他にも、痔は歴史上の有名人物も悩ませました。ブルボン王朝の最盛期を築いたルイ14世は国内外に大いなる威光を示し太陽王とも称されましたが、同時に酷い痔瘻に悩まされており48歳のときに手術を受けています1)。黄熱病の研究で知られる野口英世も、恩師にあてた手紙で「昨年十月頃より痔をなやみ夜分も安眠を不得、月を追うて重り行く傾向有之候。(昨年10月ごろから痔がひどく夜も眠れない。徐々にひどくなる。)」と書きしたためています2)。



・ 痔を予防するために
痔は高血圧などと同じく生活習慣病といわれています。長時間の立ち仕事、便意を我慢する、排便時の過度のいきみなどはすべて肛門に負担がかかり痔になりやすくなります。このような生活習慣が思い当たる場合は見直してみましょう。

・ 痔の治療
すでにできてしまった痔に対しては治療が必要となります。
痔の種類によって治療法が異なりますが、内痔核(いぼ痔)の場合、症状が軽ければ坐薬などの薬物療法が主体となります。症状が進行した場合は手術治療となりますが、最近は薬剤を注入することで痔核の縮小をはかる硬化療法(ALTA法)なども登場し、以前よりも体への負担が少ない治療が行われるようになってきました。

・最後に
肛門の診察は恥ずかしさが先に立ってしまい、受診をためらいがちになります。しかし、痔から大腸癌や肝硬変などの重篤な内臓疾患が見つかることもあります。おしりの周囲に違和感があれば必ず専門医の診察を受けることが重要です。


参考文献:
1) ジャン ゴルダン・オリヴィエ マルティ(2003)『お尻とその穴の文化史』作品社.
2) 立川昭二(2002)『病いの人間』新潮社.

投稿
神戸医療センター 消化器外科 田上修司

記事URL