• TOP
  • 須磨区医師会について
  • 検診・健診
  • 予防接種

健康コラム

2016年9月27日 火曜日

ニコチン依存症のおはなし

タバコの持つ種々の弊害  
 タバコをやめたいと思っているのになかなか止められないのはなぜでしょう? 多くの喫煙者の方が、タバコが健康に良くないことをご存知です。タバコは血管収縮反応を高め、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます。また多くの発ガン物質を含むタバコの煙は肺がん、咽頭がんをはじめ、全身ほぼすべてのがんの発症率を高めます。また吐き出された煙や副流煙にも有害物質は含まれるため、家族や周囲にいる方が受動喫煙により健康被害を受けます。 (2016年8月31日、国立がん研究センターは、受動喫煙による日本人の肺がんリスクは約1.3倍であり、リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に、アップグレードしました。これに伴い、「日本人のためのがん予防法」においても、他人のたばこの煙を「できるだけ避ける」から"できるだけ"を削除し「避ける」へ文言の修正を行い、受動喫煙の防止を努力目標から明確な目標として提示しました。)  このように自身にも周囲にも、良いことの全くないことから、多くの喫煙者ができればタバコを止めたいと思っています。でも一度禁煙してみても失敗した経験をお持ちの方も多いことでしょう。ある報告によれば、喫煙者の70%がタバコをやめたいと思っているのに、禁煙出来ない。あるいは禁煙しても、70%前後の方が1年以内にまた吸ってしまうとのことです。では、何故やめられないのでしょう?  単に「意志が弱いから」だけなのでしょうか?
ニコチンの持つ二つの依存性
 実は、タバコに含まれるニコチンに、麻薬やアルコールと同様の依存性があるからなのです。タバコを吸うと数秒でニコチン血中濃度が上がりますが、このニコチンが脳内のニコチン受容体を刺激して快感を生じるドパミンという物質を放出します。喫煙が習慣化すると常にこの快感を求め、一定以上のニコチン血中濃度が必要となり、ニコチン血中濃度が低下するとイライラして、ニコチンの血中濃度を上げるため次のタバコを吸うといった悪循環に陥ります(肉体的な依存)。 血中濃度が下がった時に感じるイライラ感、不安感、だるさ、ふるえ、苦痛などのつらい症状を離脱症状といいます。  また、食後の一服、入浴後の一服など喫煙行動が「儀式」のように組み込まれて習慣化されてしまうことで生じる心理的な依存もあります。いずれにせよニコチンによって脳が「乗っ取られた」状態であります。
ニコチン依存症という疾患
 これまで禁煙は個人の努力の問題とされてきました。しかし、喫煙がもたらす健康障害をさらに積極的に予防するため、厚生労働省は新たに平成18年4月からは、禁煙を希望される方のうち、一定の条件を満たすものを「ニコチン依存症」という疾患としてとらえ、医師による禁煙指導を「治療」と位置づけ、これを医療保険の給付対象といたしました。さらに平成18年6月からはこれらの方に用いる禁煙補助製剤の一つ、ニコチンパッチ(商品名 ニコチネルTTS)を、さらに平成20年4月からは内服薬バレニクリン(商品名 チャンピックス)を保険適用としました。
禁煙外来では使う薬剤を選択します
 ニコチンの肉体的な依存性から抜け出すために禁煙外来では上記2種の薬剤が用意されています。  ゆっくりとニコチンの血中濃度を下げていくために、ニコチンをタバコで摂取せずに他の方法で摂取する方法としてニコチンパッチがあります。  ニコチンパッチは皮膚に貼ると皮膚からニコチンが浸透して一定時間、血中ニコチン濃度を保ちます。8週間で大きさの違う3種類のパッチを順次使用していって徐々にニコチン血中濃度を下げ、最後に終了します。  一方、内服薬はニコチン受容体に結合することで、ニコチンそのものが受容体に結合することを邪魔するため、タバコを吸っても美味しく感じにくくさせ、満足感が低下し、喫煙への欲求を弱めます。同時に内服薬はこの受容体に結合することでそれ自体、若干のドパミンを放出するので禁断症状を弱めます。12週間で計5回の受診が必要です。  どちらの薬剤を使用するかは、患者さん個々の身体状態や合併疾患等をお聞きして、本人に合った薬剤を選択することになります。
心理的な依存を断ち切る方法
 ニコチンによる肉体的な依存は上記薬物の助けを借りるとして、更にニコチンの心理的な依存を断ち切る方法としては、生活上の「習慣」を積極的に代えていく工夫も必要になります。何よりも大切なのは「タバコを絶対にやめる!」という強い意志です。禁煙外来では上記禁煙補助製剤を適宜処方しつつ、個々の患者さんの状況に合わせた指導・アドバイスを行っていきます。
保険が効く禁煙治療
保険診療で禁煙治療を受けられる方には一定の条件があります。 ニコチン依存症管理料を算定している医療機関(予め医療機関にお尋ね下さい)を受診の上、1)簡単なアンケートでニコチン依存症と診断してもらうこと、2)ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること、(注 若年者の禁煙をさらに促進するため、2016年の医療制度改正によりブリンクマン指数>200が適応になるのは年齢が35才以上の方限定となりました)3)直ちに禁煙することを希望し、禁煙治療について説明を受け、治療を受けることを文書により同意することなどが必要になってきます。なお保険適応となる治療期間は12週間で、それを超えた場合は自己負担治療となります。保険診療の場合は、かかる費用は薬代も含め、3割負担の場合、5回の診療で約2万円です。

投稿
矢谷内科循環器科 院長 矢谷暁人

記事URL

2016年6月14日 火曜日

神経内科という診療科について

 地下鉄妙法寺駅前で昨年開業しました。風邪や高血圧などの内科疾患で来られる患者さんのほか、手足のふるえ、めまい、物忘れなどの相談に来られる患者さんも増えています。まだ地域の神経内科医は全国的に少なく、脳神経の症状について、すぐに相談できる医療機関がなかなかないというのは、私が医師になった20年前とあまり変わっていないようです。
 今回は、脳神経の病気で最も多いパーキンソン病、認知症という病気を例に、神経内科とはどのような診療科であるのかをご紹介します。
 パーキンソン病や認知症の大半を占めるアルツハイマー病、レビー小体病はいずれも「脳変性疾患」に分類されており、原因・治療はまだまだ研究途上です。パーキンソン病ははじめ手足のふるえで気づかれることがおおく、次第に字が小さくなったり、歩くのが遅くなったりします。認知症は原因となる病気によってちがいますが、アルツハイマー病の場合はふつう記憶が短時間しか保持できない、日付が思い出せないといった症状から始まります。
 神経内科医にとって、認知症もパーキンソン病も診断のプロセスは同じです。いつからどのような症状が現れ、いま困っている症状はなにか、以前どんな病気にかかったことがあるか、いま服用している薬やサプリメントはないかなどを丹念に伺います。伺いながら、病気が怪我から来ているのか、飲んでいる薬剤から来ているのかなどを考えます。つぎに神経学的診察にもとづいて、脳、脊髄、末梢神経、筋肉のどこに病気があるかを推定します。MRIなどの画像検査はできるだけ受けていただくようにしています。今の時代、名人芸的な診察だけではダメで、誤診を防ぐためにも画像の情報はかかせません。もちろん体のどこを検査すべきなのかなどの判断をおこなうのも神経内科医の役割のひとつです。
 このようにたくさんの情報を集めますので、診察には時間がかかってしまいがちです。しかし忘れてはいけない医学の基本である、話を「聞く」、身体を「触る」をいまでもそのまま実践している診療科であるという自負をもって診療にあたっています。抗パーキンソン病薬、抗認知症薬とも期待される効果と同じくらい副作用が存在しますので、治療はよかったか、よくないことはなかったか、なども謙虚に伺うよう心がけています。

投稿
戸根内科・神経内科医院 院長 戸根幸太郎

記事URL

2016年3月28日 月曜日

逆流性食道炎のおはなし

●逆流性食道炎は、胃の内容物が食道へ逆流することによっておきる病気です。胃液に含まれる胃酸により、胸焼け(喉元からみぞおちあたりが焼けるような感じ)や呑酸(どんさん:酸っぱい胃液が口のほうまで上がってくる感じ)などの症状があらわれます。胸のつかえや痛みを自覚したり、慢性の咳や中耳炎の原因となったりする場合もあります。
●最近、逆流性食道炎の症状を訴える人が増加しています。その理由として、①日本人の胃酸の分泌量が多くなった、②お腹に圧力がかかりやすい体型の人が増えた(肥満、骨粗鬆症で腰が曲がった高齢者)ことなどが考えられています。①の原因には、食生活の欧米化による動物性脂肪やたんぱく質の摂取量の増加があります。さらに、ピロリ菌感染率が低下し、生涯にわたって胃酸の分泌が保たれる人が多くなったことも要因とされています。また、脂肪の摂取は、胃と食道のつなぎ目を弛緩させ、逆流を誘発します。
●逆流性食道炎の予防には生活習慣の改善(食べ過ぎない、脂肪分を控える、食べてすぐ横にならない)が有効です。ただし、症状が続く場合は速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。内視鏡検査で、逆流性食道炎の重症度を判定するとともに、癌などほかの疾患がないことを確認しておくことが望ましいです。
●逆流性食道炎の治療には、胃酸の分泌を抑える薬が効果的です。食道や胃の運動を活発にして逆流を防ぐ薬が使われることもあります。薬を中断すると再発することが多いので、薬の量や服用期間は、医師とよく相談して決めるようにしましょう。

投稿
しらかわクリニック 院長 白川勝朗

記事URL

2016年1月18日 月曜日

飛蚊症のおはなし

目の前に虫が飛ぶ?!
●飛蚊症って?!
目の前に黒いものが飛ぶことを飛蚊症といいます。明るい所や白い壁、青空などを見つ
めたとき、目の前に虫や糸くずなどの"浮遊物"が飛んでいるように見えます。
数も1個から数個、時に多数のこともあります。これらの"浮遊物"は目を動かすと、ふわっといった感じで視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、暗い所では気にならなくなります。

●どうしておきるの?!
眼球の中の大部分は、硝子体と呼ばれるゼリー状の透明な物質(生卵の白身のようなドロッとした液体)が詰まっています。角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜でピントが合います。ところが、硝子体に何らかの原因で「濁り」が生じると、明るいところを見たときにその「濁り」の影が網膜に映り、眼球の動きとともに揺れ動き、飛蚊症として自覚されます。
                        
●原因
①生まれつきのもの(出生前の組織の遺残):
母体内で胎児の眼球がつくられる途中では、硝子体に血管が通っています。通常、眼球
が完成するとこの血管は無くなっていきます。しかし、生まれたのちも血管の名残りが
硝子体に残存すると、これが"浮遊物(濁り)"となって飛蚊症の症状を感じることがあ
ります。
②硝子体の年齢による変化(後部硝子体剥離)
歳をとると硝子体はゼリー状から液状に変化し、硝子体は次第に収縮して網膜から剥が
れます(後部硝子体剥離)。このような変化が飛蚊症の症状をもたらしますが、髪が白髪
になるのと同じようなもので、生理的な現象です。また、若い人でも強度の近視の場合
には、この後部硝子体剥離が早期に起こりやすく、しばしば飛蚊症の訴えがあります。
③硝子体の年齢による変化以外の原因によるもの
*網膜裂孔・網膜剥離
後部硝子体剥離やその他の原因で網膜に穴が開いたり(網膜裂孔)、その穴を中心に網膜
が下の層から剥がれて硝子体の方へ浮き出します(網膜剥離)。
*硝子体出血
糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で出血が起こり、その血液が硝子体に入ると突然、
飛蚊症の症状を感じたり、目の前に赤いカーテンを引いたように感じます。
*ぶどう膜炎
ぶどう膜(虹彩・毛様体・脈絡膜の3つの部分から成る)に細菌やウイルスが進入したり、
眼のアレルギー反応により炎症が起こると、血管から白血球や滲出物が硝子体に入り込
み、飛蚊症の症状を感じます。


●飛蚊症で気を付けて頂きたいこと
飛蚊症のほとんどは病気でないものですが、ときに思いがけない病気が原因となってい
ることがあります。"浮遊物"の数が急に増えたり形が変わったり、視力が落ちるようで
あれぱ、網膜剥離・硝子体出血・ぶどう膜炎などの失明に至る重篤な目の病気が隠れて
いることもあるので、直ちに眼科医に相談してください。

投稿
梶川眼科医院 院長 梶川大介

記事URL

2015年10月 9日 金曜日

新しい糖尿病治療薬のおはなし

新しい糖尿病治療薬の登場

 2014年4月より、新しい作用機序の糖尿病内服薬が発売されました。
 糖尿病で高血糖になりますと、健康人では出現しない尿糖が、腎より排泄されて尿糖陽性となります。長きにわたり尿糖の陰性化、血糖の正常化が糖尿病治療の目標でしたが、新しい薬は腎に作用し、血糖の高低にかかわらず尿に糖を排出させて血糖値を低下させ、糖尿病のコントロールを改善させる薬です。
 これまでの内服糖尿病薬は、①膵に作用してインスリン分泌を刺激するもの、②インスリンの作用を増強するもの、③肝臓からの糖の放出を抑制するもの、④腸からの糖の吸収を遅くするもの、さらには⑤腸から分泌されインスリン分泌を増幅する物質の活性を高めるものなどですが、新たに尿糖排泄促進剤(SGLT2阻害剤)が加わりました。
 本薬剤の投与により約300キロカロリーの尿糖を排泄しますので、3か月くらいで3kgの体重の減少を来しますが、作用部位が腎臓ですので、腎機能の低下した方には効果が出ません。また尿糖が出続くために、糖尿病の方に多い尿路感染症の頻度が増加することが知られています。尿糖の増加は多尿傾向を来す結果、血圧もやや低下させることや、場合によっては、脳卒中や心筋梗塞などを来す可能性も示唆されるため、十分な水分摂取が重要です。したがって高齢の方には勧められません。
 しかしながら欧米では、その明らかな血糖低下効果や、体重減少などにより、大変多くの方が使用されています。
 さらに最近の臨床研究(平成27年9月)では、本薬の使用群で、心血管病変の発生が低下したとの報告があり注目されています。
 血糖降下薬も複雑になりましたが、それぞれの方の糖尿病の病態に則した使用が前提となりますので、主治医とよく相談されて適切に使用されることが必須と考えられます。

投稿
村上内科 院長 村上啓治

記事URL